学生時代にお金借りるのは業者からだと厳しい?

学生ですでに20歳を超えています。今のところ特に問題なく生活はできていて、学校も楽しいのですが最近もう少しお金がほしいと思うようになりました。アルバイトをしているだけでは足りないので、消費者金融やカードローンから借りようかと考えています。

でも消費者金融にしてもカードローンにしても、お金借りるのは学生の場合は厳しいのかな?と思います。アルバイトのお金もありますし学生でもお金借りることはできるんじゃないか?と思うのですが…今の現状はどうなっているんでしょうか?借りられるのでしょうか?

学生でも業者からお金借りることは可能だが制限はある

大学生、もしくは専門学校の生徒であれば学生ということでそのメリットを最大限活かしたほうがいいでしょう。一番は学割がいろいろなところで聞くことで、交通費なども安くなります。その逆としては消費者金融などでお金借りる場合などには社会人よりも良くない扱いを受けてしまうということはたしかにあります。とは言え借りること自体ができないわけではありません。

お金借りることは可能なんですけれども、制限があるというのが正しい考え方なのです。かなり厳しい制限を持っている所も多いので結構借りること自体は大変だと思っておいたほうがいいでしょう。どういう制限かというと、実はお金借りることに対して借りる金額が少なくなっているんです。大体10万円くらいまでのところが多いようです。

もちろん学生ローンというものもあって、その消費者金融を使うんだったら、10万円ではなく最大で50万円くらいは貸してもらえます。とはいえ誰にでも貸出をするわけではなく、フリーター並みにアルバイトをして稼いでいるような、そんな学生に対して50万円という金額を貸し出スわけです。それ以外の人は収入に応じて貸しているようです。

学生ローンも業者ですが、多くの人が知っているような大手の消費者金融、銀行系カードローンなどから借りたいのであれば、かなり厳しいと思っておいたほうがいいでしょう。お金借りることは問題はありませんが、枠を制限されるということはその使い方も制限されることと同じです。おおよそ卒業旅行のため、もしくは勉強のための本代くらいにしかならないと思っていいでしょう。

ですから学生時代にはたくさんアルバイトをした方がいいというわけではなく、この金額で何とか収まるような使い方をするか卒業してから存分に借りるというのがいいんじゃないかと思いますよ。社会人になって稼げば、思っている以上に借入をすることができますから。

学生時代からお金借りることを学んでおくのは悪いことではない

「学生の分際で」なんて古い言い方をする人は少ないでしょうが、「学生のくせに」と言う人はけっこう多いと思います。「学生のくせに、借金を覚えてどうするんだ」といったような感じですね。

「学生用クレジットカードを作りたいんだ!」と言い出して、親権者の承諾欄を埋めないと申し込めない以上、親権者を持つ親などに了解を取らなければなりません。勝手に自分で書き込んでハンコを押してはいけません。偽造という犯罪になりかねません。

ですが安心してください。学生用のクレジットカードには基本的にキャッシング機能はつきませんから。ただし働いている満20歳以上の学生には審査の上でキャッシングが可能になる道は開かれています。

学生ローンという看板も学生街にはよく見られることでしょう。パソコンや楽器の購入などにはまとまったお金が必要ですから、学生だってローンを組むことはあってもいい。ただし、お店でローンが組めない場合は、消費者金融に似た学生ローンの利用することになるかもしれません。

また三菱東京UFJ銀行のバンクイックではアルバイトをしている満20歳以上なら学生でもカードローンが利用できる可能性があります。

上記のどのケースでも、一般的なキャッシング、カードローンに比べると限度額があらかじめ制限されていることが多いでしょう。バンクイックの場合は10万円以内です。これはある意味、目安になっているのではないかと思います。

バンクイックの場合、毎月の最小返済金額が10万円以下の場合で2000円となっています。アルバイトの時給が1000円前後とすれば、毎月最低でも2時間以上働くことで、返済は不可能ではありません。学生のできるアルバイトの収入から考えて、返済できる最小限としては、これが限度だろうと考えているとも言えます。

もっとも、2000円ずつで返済しようとしたら77回、6年5ヵ月もかかってしまいますので、大学を卒業して社会人になったらいっきに返済するという前提と考えていいでしょう。なおこののんびりした返済では、半分返済するのに47回、ほぼ4年もかかってしまいます。その間、新たな借り入れをしたくても、わずかしか借りることはできません。そして、累計の総返済額は154,952円にもなるのです。54,952円の利息です。

こうしたことを学生のうちから学んでおくのはとてもいいことだと思います。借りるのは必要な一瞬のため。そして返済には長期計画。ですが、長期すぎると利息が高くなっていくので、できれば早く返済したほうがいい。しかもカードローンは限度額内で何度でも借りることができるのですから、早く返済して限度額に余裕を持たせておけば、いざというときにも対応できます。

借りたら早く返す。このクセをつけておくためにも若いうちからお金の借り方を知っておくのはいいことです。多くの人たちが、この「早く返す」ができずに苦しんでしまうからです。借りたお金を返すこと。それは苦行ではありません。楽しいことなのです。

困った時のキャッシングで安心です!

先日、どうしても外せないイベントがあり、困っていました。生活費に少し予算が足りず、資金繰りをどうしようかと考えていたのです。

そんな時、ふとカードローンの広告を目にしました。これは使えるかもしれないと思い、早速ホームページから申し込みを進めてみました。仮診断を受けてみたところ、借り入れ可能かもしれないとの結果だったため、そのまま本審査に進みました。

するとなんと、いともあっさりと審査に通ってしまい、申し込みから次の日には、お金を借りることができました。スピーディーで、かんたんにお金を借りることができるカードローンは本当に便利です。それからというもの、カードローンはいざという時の切り札として大事に使っています。

たまにはお金借りて贅沢デートを!

彼は年下なので、まだ就職して数年ですし、一人暮らしですからそんなにお金があるわけではなく、派遣社員の私も同様です。なので普段は節約デートが多いのですが、たまにはテーマパークで思いっきり遊ぼうと、キャッシングすることにしました。

テーマパークってお金かかるじゃないですか。パスポート代はもちろん、パーク内の食事やおみやげ代で、1日で結構使っちゃうんですよね。

お金を気にせず遊べるのって楽しいですね。足りなかったらすぐに引き出せるので安心です。たまにはこういう贅沢デートも良いなと思いました。次のお給料で返せば利息もそんなにかからないので、また借りてみたいです。

婚活パーティ連戦連敗脱出は融資で

この年になっても、結婚する事が出来ず、数年婚活パーティに参加する様になりました。しかし、連戦連敗。何とか、デートの約束まではこぎつけるのですが、その後がダメ。その負け具合を脱出出来たのがキャッシングのおかげでした。

やっぱり、最初のデートの為には、ある程度の初期投資的なお金が必要なんですよね。こちらの度量を見せる為にも、と言う感じで。でも、婚活パーティの継続的な出席で、お金はピンチでした。

でも、デートの約束はこぎつけたし、出来れば決めたいし、と思ってカードローンの利用を決意しました。かなり、高額のレストランの予約をして彼女は大満足。前日に申し込んで即日融資が出来た事がこのデートを成功させました。今でもその彼女とは付き合いが続いています。